不動産の売却と前もってしておく準備について

不動産を持つ目的をはっきりした方が良い
不動産を購入する理由は人によっていろいろと思います。
自分がそこに住むことが目的の人が多いでしょう。
また、資産を持っている人が投資目的や税金の負担を減らすために購入することもあります。
多くの普通の人は住むことと将来の資産価値を考えて購入することと思います。
でも、多額のローンを抱えて、自分の収入に見合わない不動産を購入する。

これは結構、勇気がいると思います。
会社員で悩む人は人が多いことと思います。
この先30年会社が生き残って、自分がリストラもされず、病気にもならず、それなりの収入を得ることが続くかは実際に誰にもわかりません。

昔の様に経済が右肩上がりで現金の価値が低下し続けて、不動産を持つことが有利な時代は
当に終わってしまいました。
こんなことを考えて、私は無理せずに、中古のマンションをほとんど一括購入しました。
バブルがはじけた後の物件で、3分の1近くまで価格が下がった物件でした。
貯金は殆ど残りませんでしたがローンを組まずに住みました。

その後私は大病を患い会社も退職。でも住む家を失わずにすみました。
すべての人に当てはまる話ではありませんが、私はあの時の判断は正解だったと考えています。

不動産を売る前にしておきたいのが査定です。
査定が売却価格と一致するとは必ずしも限りませんが、それでも目安を知る手段としては有効です。
査定は多数のところにするのが現代では一般的で、そうすることでより高く売却できる可能性が生まれます。
またリガイドなどの不動産一括査定サービスを多数にするとその不動産の相場も把握することができるので、どちらにしても査定して損ということは無いのです。

不動産の価値を決めるのは土地、地域、物件の築年数、間取りなどです。古い建物より新しい方が売りやすいですし、売却価格は高くなりやすいです。ただしリフォームすることで価値を高めたり、買い手の心象を良くするといったことは可能です。

リフォームして売却する場合は、どういった人向けの物件にするのか予め決めておくのも良いでしょう。
例えば老人、高齢者向けなら介護リフォームがオススメです。
手すりをつけたり、トイレの低くするなど、ちょっとしたリフォームでも価値は高くなったりします。

不動産の有効活用方法

遺産相続や生前贈与などによって土地や建築物などの不動産を手に入れる人もいますが、そういった不動産物件を有効活用せずに持て余している方も日本には大勢いると思います。
不動産は所有しているだけでは維持費や税金がかかるために、無駄な出費をしてしまいがちです。

不動産は有効活用してこそその本来の価値を見出せるものなので、できることなら土地を有効活用して大きな収入を得たいものです。
物件の有効活用方法としては、アパートや駐車場などにして賃貸収入を得るという方法が一般的ですが、最近では賃貸物件の経営を代行する専門業者なども存在しているため,そのような代行業者に管理を依頼して賃貸経営を行うこともおすすめです。

こういった賃貸物件を持っていれば、メインの収入に加えて副収入も得ることができるため、生活の大きな支えにもなります。
株式投資よりも安定した不労所得を得ることが可能なため、より豊かな人生を歩むための手助けになります。

なるべく虫がでない物件を選ぶポイント

新居への引っ越しは誰もがうれしく、晴れやかな気持ちで迎えるものですが、せっかく引っ越した新居が、虫がたくさん出る部屋だと一気に気持ちが滅入ってしまうということがあるかもしれません。
そうならないように、虫が出にくい物件の選び方をご紹介します。

最初のポイントは、なるべく築年数の新しい物件を選ぶことです。
築年数が20年以上を超える物件では、建物の老朽化とともに、隣室の居住者が長年その部屋に住んでいることも多くなり、人によっては、不衛生な部屋を放置している場合があります。
物件選びの際に、自室の内覧はできても、隣室がどのような状況かを知るすべはありませんので、なるべく、築年数が新しく衛生環境のよい物件を選ぶようにしましょう。

次に重要なことは、階下にコンビニや飲食店が入居している物件は避けるということです。
やはり、1階に飲食店が入っている物件は、必然的にゴキブリなどの害虫が発生する可能性が高くなります。
害虫は建物内を移動して、部屋に入ってきますので、そのような物件はやめたほうがいいでしょう。

最後に、なるべく高層階の物件を選ぶことも大切なポイントです。
蚊が蛾など、外から飛んで侵入してくる虫は、あまり高いところまでは飛べませんので、高層階では虫が入ってくる可能性はほとんどありません。
それほど、高層の建物がないという場合でも、だいたい4階以上であれば、虫は入りにくくなると考えられます。

これらのポイントを参考に、後悔しない新居を見つけましょう。

知人がマンションを建てました。

知人がマンションを建てました。税金を少しでも安くするためだそうです。

マンションを建てるために借金をして、借金があるということで税金が安くなるそうです。
最初にその話を聞いたときは、腑に落ちませんでしたが、調べていくうちに納得しました。
マンションは一定期間入居者がなくても、業者が代わりに家賃を支払ってくれるそうです。
しかし借金を返し終わるまでには数十年かかります。

その話を聞いて、途中で地震が来て建物が壊れたらどうするのかと、心配になりました。
マンションの最上階には、中学の時の同級生が住んでいます。
彼は数年前に結婚し、妻と子と共にマンションができた時に移り住みました。

それまでは自動車工場で働いていましたが、マンションができる少し前に仕事を辞めてしまいました。現在はマンションの管理人という肩書です。
マンションの前を通りかかると、そのことを思い出すので、少し微妙な気持ちになります。

マンションは今の所、空きがなく、経営は順調そうです。
道で偶然同級生に会うと、幸せそうに子供の手を引いていました。
マンションの最上階の住み心地を聞いてみると、それほど悪くはないようです。
ただ、外に出るのが少し面倒だと言っていました。

中古マンション購入の際の注意すべきこと

中古マンションの流通が昨今増えており、とりわけリノベーション・リフォーム物件の数が増えてきています。
中古物件は購入時の総額が抑えられるという点では良いですが、住んでからの事をよく考えなければ、お得なランニングコストで住み続けられない事態に巻き込まれるかもしれません。

注意点は、個々の区分所有にかかる部分とマンション全体の管理にかかる部分のコストのトータルで判断しなければいけない点です。
特に、いかにも買い得であるように広告には明記されていても、実際に住み始めてからかかってしまうコストがあるということです。
具体的には、マンションであれば全体の維持費がかかってしまいます。

大規模修繕費という項目があります。
不動産購入時にこれが明記されていなくて、実際に数年住み始めてから増額も考えられます。
それはマンションの管理体制によるものです。

マンションの大規模修繕のために修繕積立を行うのが常ですが、マンションによってはそれが適正になされておらず、マンション全体の修繕工事自体が住宅金融公庫等から融資を受けなければならず、実質区分所有者が按分して負担を受けることになるケースもあります。

実際、数年間で償却するのですが、これは家計に打撃を与えかねません。
ですので、マンション購入の際にはぜひ管理組合や修繕工事歴がどう行われていたのか確認すべきです。

母は今も持家主義

人生設計を考える時一番高い買い物が持家と言われます。
社会人になり結婚して子供を持ち、家を建てる事が一つのステータスでした。
それでもバブルが崩壊して、土地の値上がりが無くなってからはそうした持家主義も影が薄くなったようです。

私の友達も高いお金を掛けて生活も切り詰めなければならないなら、一生賃貸で良いと言います。
家族のあり方も変わってきて子供は少ないし、結婚しない人も居られます。
家を出て行った子供たちはそれぞれの場所でそれぞれの生活を営み、家を持っても継いでくれる人が居るのかどうかという時代です。

それでも私の母などは昔気質で持家主義が変わりません。
世の中の流れなどお構いなしで、土地は今でも買わないとどんどん高くなる。
もっと極端な言い方をすると、売りに出ている土地や建売住宅は掘り出し物で、賃貸にしても良いし無理してでも買うべきだという考えなのです。

もう70歳ですが、妄執衰えず。新聞に入ってくる織り込みチラシを老眼鏡で見ているさまは迫力があります。
今住んでいる家があるのに、お金に余裕も無いのに今にも土地を買うと言い出しそうな様子で、言い出すと止まらない母なので怖いのです。

マンションを売却して建売住宅を購入しましたが不動産とのやりとりは今でも覚えています

妻の義理の両親が購入したマンションに結婚当初暮らしていましたが、二人ともすでに故人となっていましたがローンが一部残っていました。
共働きでしたのでそのままそこで暮らそうかと思いましたが子供が生まれたのでお互いの仕事場に近いところで建売住宅を購入しようと休日になると車で探していると分譲住宅で手頃な家が見つかり早速不動産と交渉しましたが、なかなかてごわかったです。

マンションの売却を頭金にするためそこからお願いしましたが、ローンが残っていることやかなり年数が経過しているので希望した売却額では苦しいといわれました。
素人でしたので知り合いに不動産に詳しい人の応援をもらって交渉しましたが、2人で途中もめてしまい一時は購入できなくなるではというところまで追い込まれました。

そこで妻の希望もあり少し値下げして購入を希望する人が下見にきたときに話をしました。
若い家族でマンションが気にいってくれたのでこの人たちなら大事に暮らしてくれるのではと思い売却を決意しました。
あとから不動屋さんから高く売ることができないことを謝罪してくれましたが、そのかわりに家のインテリアなどをサービスしてもらえたので良しとしました。