中古マンション購入の際の注意すべきこと

中古マンションの流通が昨今増えており、とりわけリノベーション・リフォーム物件の数が増えてきています。
中古物件は購入時の総額が抑えられるという点では良いですが、住んでからの事をよく考えなければ、お得なランニングコストで住み続けられない事態に巻き込まれるかもしれません。

注意点は、個々の区分所有にかかる部分とマンション全体の管理にかかる部分のコストのトータルで判断しなければいけない点です。
特に、いかにも買い得であるように広告には明記されていても、実際に住み始めてからかかってしまうコストがあるということです。
具体的には、マンションであれば全体の維持費がかかってしまいます。

大規模修繕費という項目があります。
不動産購入時にこれが明記されていなくて、実際に数年住み始めてから増額も考えられます。
それはマンションの管理体制によるものです。

マンションの大規模修繕のために修繕積立を行うのが常ですが、マンションによってはそれが適正になされておらず、マンション全体の修繕工事自体が住宅金融公庫等から融資を受けなければならず、実質区分所有者が按分して負担を受けることになるケースもあります。

実際、数年間で償却するのですが、これは家計に打撃を与えかねません。
ですので、マンション購入の際にはぜひ管理組合や修繕工事歴がどう行われていたのか確認すべきです。