なるべく虫がでない物件を選ぶポイント

新居への引っ越しは誰もがうれしく、晴れやかな気持ちで迎えるものですが、せっかく引っ越した新居が、虫がたくさん出る部屋だと一気に気持ちが滅入ってしまうということがあるかもしれません。
そうならないように、虫が出にくい物件の選び方をご紹介します。

最初のポイントは、なるべく築年数の新しい物件を選ぶことです。
築年数が20年以上を超える物件では、建物の老朽化とともに、隣室の居住者が長年その部屋に住んでいることも多くなり、人によっては、不衛生な部屋を放置している場合があります。
物件選びの際に、自室の内覧はできても、隣室がどのような状況かを知るすべはありませんので、なるべく、築年数が新しく衛生環境のよい物件を選ぶようにしましょう。

次に重要なことは、階下にコンビニや飲食店が入居している物件は避けるということです。
やはり、1階に飲食店が入っている物件は、必然的にゴキブリなどの害虫が発生する可能性が高くなります。
害虫は建物内を移動して、部屋に入ってきますので、そのような物件はやめたほうがいいでしょう。

最後に、なるべく高層階の物件を選ぶことも大切なポイントです。
蚊が蛾など、外から飛んで侵入してくる虫は、あまり高いところまでは飛べませんので、高層階では虫が入ってくる可能性はほとんどありません。
それほど、高層の建物がないという場合でも、だいたい4階以上であれば、虫は入りにくくなると考えられます。

これらのポイントを参考に、後悔しない新居を見つけましょう。