不動産の売却と前もってしておく準備について

不動産を持つ目的をはっきりした方が良い
不動産を購入する理由は人によっていろいろと思います。
自分がそこに住むことが目的の人が多いでしょう。
また、資産を持っている人が投資目的や税金の負担を減らすために購入することもあります。
多くの普通の人は住むことと将来の資産価値を考えて購入することと思います。
でも、多額のローンを抱えて、自分の収入に見合わない不動産を購入する。

これは結構、勇気がいると思います。
会社員で悩む人は人が多いことと思います。
この先30年会社が生き残って、自分がリストラもされず、病気にもならず、それなりの収入を得ることが続くかは実際に誰にもわかりません。

昔の様に経済が右肩上がりで現金の価値が低下し続けて、不動産を持つことが有利な時代は
当に終わってしまいました。
こんなことを考えて、私は無理せずに、中古のマンションをほとんど一括購入しました。
バブルがはじけた後の物件で、3分の1近くまで価格が下がった物件でした。
貯金は殆ど残りませんでしたがローンを組まずに住みました。

その後私は大病を患い会社も退職。でも住む家を失わずにすみました。
すべての人に当てはまる話ではありませんが、私はあの時の判断は正解だったと考えています。

不動産を売る前にしておきたいのが査定です。
査定が売却価格と一致するとは必ずしも限りませんが、それでも目安を知る手段としては有効です。
査定は多数のところにするのが現代では一般的で、そうすることでより高く売却できる可能性が生まれます。
またリガイドなどの不動産一括査定サービスを多数にするとその不動産の相場も把握することができるので、どちらにしても査定して損ということは無いのです。

不動産の価値を決めるのは土地、地域、物件の築年数、間取りなどです。古い建物より新しい方が売りやすいですし、売却価格は高くなりやすいです。ただしリフォームすることで価値を高めたり、買い手の心象を良くするといったことは可能です。

リフォームして売却する場合は、どういった人向けの物件にするのか予め決めておくのも良いでしょう。
例えば老人、高齢者向けなら介護リフォームがオススメです。
手すりをつけたり、トイレの低くするなど、ちょっとしたリフォームでも価値は高くなったりします。

不動産の有効活用方法

遺産相続や生前贈与などによって土地や建築物などの不動産を手に入れる人もいますが、そういった不動産物件を有効活用せずに持て余している方も日本には大勢いると思います。
不動産は所有しているだけでは維持費や税金がかかるために、無駄な出費をしてしまいがちです。

不動産は有効活用してこそその本来の価値を見出せるものなので、できることなら土地を有効活用して大きな収入を得たいものです。
物件の有効活用方法としては、アパートや駐車場などにして賃貸収入を得るという方法が一般的ですが、最近では賃貸物件の経営を代行する専門業者なども存在しているため,そのような代行業者に管理を依頼して賃貸経営を行うこともおすすめです。

こういった賃貸物件を持っていれば、メインの収入に加えて副収入も得ることができるため、生活の大きな支えにもなります。
株式投資よりも安定した不労所得を得ることが可能なため、より豊かな人生を歩むための手助けになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です