マンションを売却して建売住宅を購入しましたが不動産とのやりとりは今でも覚えています

妻の義理の両親が購入したマンションに結婚当初暮らしていましたが、二人ともすでに故人となっていましたがローンが一部残っていました。
共働きでしたのでそのままそこで暮らそうかと思いましたが子供が生まれたのでお互いの仕事場に近いところで建売住宅を購入しようと休日になると車で探していると分譲住宅で手頃な家が見つかり早速不動産と交渉しましたが、なかなかてごわかったです。

マンションの売却を頭金にするためそこからお願いしましたが、ローンが残っていることやかなり年数が経過しているので希望した売却額では苦しいといわれました。
素人でしたので知り合いに不動産に詳しい人の応援をもらって交渉しましたが、2人で途中もめてしまい一時は購入できなくなるではというところまで追い込まれました。

そこで妻の希望もあり少し値下げして購入を希望する人が下見にきたときに話をしました。
若い家族でマンションが気にいってくれたのでこの人たちなら大事に暮らしてくれるのではと思い売却を決意しました。
あとから不動屋さんから高く売ることができないことを謝罪してくれましたが、そのかわりに家のインテリアなどをサービスしてもらえたので良しとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です